フクシマの子どもサマーキャンプ・サポート隊

放射能から少しでも遠く長野県小諸市で夏のひと時を過してもらいたいと、福島の子ども達のサマーキャンプを計画します。

サポート隊の準備の様子をお知らせ知るブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
クリスマスプレゼント
12月20日福島の子どもたちに向けてクリスマスプレゼントと沢山の野菜を送る作業をいたしました。



今年は新聞に紹介されたこともあって、沢山の野菜が集まりました。小諸に来てくれた子どもたちの家17軒・新潟に母子避難5軒・残り23個は富岡町の仮設住宅宛に送りました。

合計45個の荷物を送ることが出来ました、多くのご支援ご協力ありがとうございました。

その後、福島の子どもたちやお母さんから電話やメールをいただき、お礼のお言葉を頂きました。支援者の方々にくれぐれもよろしくとのことでした。

野菜はとてもうれしいとのことで、みなさんとても喜んでおられました。


 
サマーキャンプ最終日

大騒ぎの7日間も最終日を迎えました。(本日も大忙しで写真忘れ)

本日は19人の子ども達を乗せてバスが福島へ帰ります、とても暑い日になりました。

行きと違って帰りはみんな友達になり、顔も名前も確認できていて子供同士で行動も出来るようになっているので付き添いも楽です。

朝9時に出発して午後に到着、みんなお迎えの親御さんの顔を見ると緊張も緩んだのかベターと寄り添っていきます。子どもって素直で可愛いですね!

支援物資で届いたお野菜も、最後は子ども達に持って行ってもらうように仕分けしたら、大きなダンボール1個になりました。これから数日小諸のことを思い出して食べてね!

1年後元気な姿で又会えるのを楽しみにしています。

さよならパーティー

本日サマーキャンプの記事が東信ジャーナルに出たみたいです。(下記よりご覧いただけます)

http://shinshu.fm/MHz/22.56/archives/0000447105.html

上の記事はウエルカムパーティーですが、本日はさよならパーティーとなりました。あっという間の1週間です。

s-012

みんなで楽しい持ち寄りパーティーです。

s-006

ボランティアのお兄さんの出し物の体操を真似して子ども達も楽しそうに踊っています。

こうして1週間があっという間に過ぎるのです。
サマーキャンプ4日目

s-006

今日は宿題をした後、ハーモニカ演奏がありました。先日のチェロに引き続き音楽のプレゼントです。

午後はお楽しみのプール、写真を撮り忘れてしまいました。

s-005

昨日まで具合が悪かった子どももいたのですが、今日のプールは元気一杯遊びました。

キャンプ3日目

サマーキャンプ3日目はフットサル交流会と言う事で、御代田まで遠征し芝生の上で伸び伸びと過しました。午後はお土産を買ったり、ミニサーカスを見たりと楽しい1日を過したのです。

s-001

さーて、玄関の看板にはモヘジさんが子ども達の名前を隠し文字の如く書き込んでいます。

s-002

オマケのなぞなぞも付いて、子ども達に大人気です。

野菜も沢山届いてあり難いことです、こうしてサマーキャンプはいろんな方の協力の下に成り立っているのです。 感謝!

サマーキャンプ始まる

福島の子ども達を招いてのサマーキャンプが始まりました。

s-007

元気の良い子ども達20人がはるばる福島から来てくれました。

s-017

夜はウエルカムパーティーです。オカリナの演奏もありました。

s-010

おいしそうなお料理も並んでバーベキューも一層おいしさを増します。

2014年追加募集
緊急募集

キャンセルがありましたので追加募集いたします。

募集人数 5名

参加希望者は電話で至急連絡してください。お待ちしています。

キャンプ詳細は・・・・・こちら

まずはお電話お待ちしています。

連絡先 090-7252−4645(安藤)
サマーキャンプ募集その2
まだ5名の空きがあります。定員になりましたので募集を終了します。
サマーキャンプのお申し込みはお早めに!
サマーキャンプボランティア募集



サマーキャンプのボランティア募集のチラシが出来ました。
(まだ後援などが書き込まれていないので正式なものは後日)

色んな形でボランティアを募集します。やってみたいボランティア、これなら出来る、これをやってみたいなど、子どもとの繋がりを大切にしながら出来るボランティアをやってみませんか?ご参加お待ちしています!



ボランティア内容

食事作りボランティア・・・・みんなの食事を作ります。地元の新鮮な野菜をふんだんに使い、手作りで美味しい食事の提供をします。朝だけとか昼1回だけなどご自分のご都合に合わせて参加できます。


日中の見守りボランティア・・・子どもの日中の行事の企画や運営、その他日常の生活の手伝いをします。


資金ボランティア・・・・サマーキャンプを運営するのに50万円ほどの費用がかかります。その資金は寄付で賄われています。各所の設置した募金箱や、郵便局の口座への振込みなど出来ます。


食材カンパ・・・・野菜やお米、果物などお家で作っている残りでも構いません。新鮮な地元の野菜が子ども達の体を作っていきます。そして美味しい味がいつまでも思い出になって子ども達の心に小諸を思い出させてくれるでしょう。


連絡は   090−5531ー1668(杉田)
     090−7252−4645(安藤)

                  <拡散希望>
    



 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.